底辺からの弁理士

【悲報】7月から給与の支給STOP!2015年弁理士試験1発合格して社会復帰を目指します。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文の答案構成

柱の陰からこんばんは。

ハイイロです。

論文の答案構成の練習をしていますが
解けるかどうかは勿論の事、出題者の意図を酌んで
聞いてる事にちゃんと答えられるか
点数配分が高いところをしっかり狙えるように努力する必要がありそうです

チェックリストをしっかり覚えてそこから問題にあったものを取捨選択出来たらなと思います

それではまた。

クリックお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

弁理士論文式攻略法・短答式攻略法(納冨美和著)

柱の陰からこんばんは。

ハイイロです。


弁理士試験の勉強を始めた当初 何冊か勉強法の本を買いました。
その中の2冊です


弁理士短答式攻略法弁理士短答式攻略法
(2011/09)
納冨 美和

商品詳細を見る


弁理士論文式攻略法弁理士論文式攻略法
(2012/12)
納冨 美和

商品詳細を見る


こちらの2冊を今日改めて読みました。
短答も論文も確認問題が数多く掲載されており、全部読み込むと1冊2時間位かかりますが
要点をかいつまんで読めば1時間で読めました。

共通して書かれているのは
論文の勉強をしつつ短答の勉強をしていくという方法を勧められてます。
それと短答の目標点数は45点以上、ボーダーギリギリだと論文突破は難しいようです。

個々の本について軽く述べます
■短答式攻略法
 短答の勉強法としては、過去問を解くにあたり理由付けをしっかりすること。
 条文を「読み込む」こと…など (規定要件効果など確実に)

 本書の一番の利点は「理解系」と「暗記系」の条文が全て棲み分けて表示されているところ
 次に挙げるならばチェックすべき判例が一覧になっているところ

 一目見て分かるのはとても便利です。

 それと、「攻略法」と題しているので「勉強法」の本かと思いきや
 条文の解説も詳しくされています。(特に受験生が苦手な所等)

 参考書としても役立つと思います。

■論文式攻略法
 短答用と論文用で法文集を分けた方がいいと書かれています。
 (論文用は本試験を意識して書きこまないようにするため)
 「器」と「水」に喩えて論文の書き方を説明しています。
 器…アウトプット(題意把握・答案構成) 水…インプット(知識)
 これを一緒に鍛えないといい答案にはならないそうです。

 本書の一番の利点は「器」になる「措置問題チェックリスト」が載せてあるところでしょう
 このチェックリストを覚えて、その上に条文などの知識を肉付けしていく。便利そうです。

 過去の本試験に基づいて「書き方のポイント」を載せているのも解りやすかったです。


勉強法に留まらず、実践的な内容まで書かれているのでお勧めできる2冊です。

それではまた。

クリックお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。