底辺からの弁理士

【悲報】7月から給与の支給STOP!2015年弁理士試験1発合格して社会復帰を目指します。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29条の2と39条の差異。

柱の陰からこんにちは。

ハイイロです。


29条の2と39条の差異について青本から

・趣旨の差異
 29条の2 出願として公開された発明について、さらに後願に特許を与える事は不合理であること
        審査請求制度の採用等による要請

 39条 ダブルパテントの排除

・時期の差異
 29条の2 同日出願に適用なし
 39条 同日出願でも適用あり

・排除する範囲の差異
 29条の2 先願の最初に添付した 明細書・特許請求の範囲・図面 に記載された発明
 39条 先願の特許請求の範囲のみ

・後願を排除できない場合の差異
 29条の2 先願が特許掲載公報の発行も出願公開等もされていなければ後願を排除できない
 39条 先願が出願公開等されていなくても後願を排除できる

 29条の2 出願公開等されていれば先願が取り下げ・放棄・却下されても後願を排除できる
 39条 先願が取り下げ・却下・放棄・拒絶されると後願を排除できない

 29条の2 後願の出願時に先願と出願人同一、又は発明者同一では適用がない
 39条 出願人同一、発明者同一でも適用される


それではまた。

クリックお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。