底辺からの弁理士

【悲報】7月から給与の支給STOP!2015年弁理士試験1発合格して社会復帰を目指します。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特許法41条(国内優先権)

柱の陰からこんにちは。

ハイイロです。

定義 先の出願を基礎とする後の出願について、先の出願と同等の利益を認める

趣旨 基礎となる先の発明と後の改良発明とを包括的な発明として特許出願が行う事が出来、
    技術開発の成果が漏れのない形で円滑に特許権として保護するため

主体的要件 後の出願時に、先の出願と出願人同一を要する
        共同出願の場合は、全員で主張することを要する

客体的要件 先の出願が特許庁に係属されていること(放棄、取下げ、却下、査定、登録などされてない)
        先の出願が分割、変更、実用新案登録に基づく出願でないこと
        先の出願に最初に添付した明細書等に記載された発明についてのものであること
        先の出願が特許出願または実用新案登録出願であること


時期 先の出願から1年以内に後の出願をすること

手続 後の出願と同時に優先権の適用を受けようとする旨及び先の出願の表示を記載した書面を提出
    仮専用実施権者が居る場合にはその者の承諾が必要

効果 原則、先の出願は1年3月で取り下げ擬制
    後の出願が1年3月以内に取り下げられたときは優先権の主張も取り下げられるので
    先の出願は取り下げ擬制されない

    新規性、進歩性、先後願の規定の適用について後の出願にかかる発明は先の出願に
    したものとみなされる

    後の出願公開時期は先の出願から1年6月である

    累積的主張された発明には優先権の利益を得られない


それではまた。

クリックお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。