FC2ブログ

底辺からの弁理士

【悲報】7月から給与の支給STOP!2015年弁理士試験1発合格して社会復帰を目指します。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

41条と新規性喪失の例外

柱の陰からこんばんは。

ハイイロです。

41条の国内優先権について
■先の出願が30条の新規性喪失の例外の適用を受けている場合

 ・後の出願も30条の適用を受けたい時、出願と同時にその旨を記載した書類を
  特許庁に出さねばならないが公知になった発明からすでに6月以上経過している場合

 →先の出願に新規性喪失の例外の書類を提出していれば証明書する書面は省略可能
  (適用を受けようとする旨の書面は必要)

 ・30条の適用を受けたい後の出願の発明者が先の出願の発明者より増えていた場合

  →こちらも援用が可能

■先の出願が30条の新規性喪失の例外の適用を受けていない場合

 ・後の出願が30条の適用を受けたい場合

  →新規性が喪失して6月以内でなら後の出願に対して適用が受けられる


重箱の隅をつつくような内容ですが気になって調べました。
青本には載ってないので非常に微妙なんですが
特許庁のHPから見られる
 発明の新規性喪失の例外規定についてのQ&A集(23年改正法対応)
(クリックで飛べます)

こちらに載ってました。
41条以外の内容も載ってたのでよかったら参考までに

ただ26年法改正に対応してないのでご注意下さいね

それではまた。

クリックお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。