FC2ブログ

底辺からの弁理士

【悲報】7月から給与の支給STOP!2015年弁理士試験1発合格して社会復帰を目指します。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29条1項各号・2項(新規性・進歩性)

柱の陰からこんにちは。

ハイイロです。

29条1項各号に記されている 「新規性」 29条2項に記されている 「進歩性」 
簡単な定義・趣旨です。

・新規性 29条1項各号
 
 定義 「客観的」に新しいことを要する
 
 趣旨
 既に社会に公開されている発明は改めて公開しても技術進歩に貢献せず、保護するに値しない。
 さらにこのような発明に独占排他権を付与すれば第三者が発明を利用できなくなる弊害が大きい等
 特許法の法目的に合致しなくなる。

 29条1項1号 公知発明 「知られた」ところまで必要
 29条1項2号 公然実施された発明(公用発明) 「知られ得る」でよい
 29条1項3号 文献公知 (刊行物公知 インターネット公知)

・進歩性 29条2項
 
 定義 「当業者」から見て容易に創作することが出来ない困難性

 趣旨
 容易に考え付く発明(進歩性なき発明)に独占排他権を与えると権利の濫立からの
 経済活動の自由を妨げや産業の発達の阻害を防ぐ。


それではまた。

クリックお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。