FC2ブログ

底辺からの弁理士

【悲報】7月から給与の支給STOP!2015年弁理士試験1発合格して社会復帰を目指します。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大受験失敗から学んだこと。

柱の陰からこんにちは。

ハイイロです。

最近予備校のCMなどを見て、色々思い出したので少し纏めようと思います。


私は浪人し東大を受験、失敗しました。

敗因は何か。

ズバリ 基本を疎かにして、手を広げ過ぎたこと。

基礎が弱いのに、どんどん応用に手を出して「出来たつもり」になっていました。
やはり、基礎を淡々とやるよりも難しい問題を解いていた方が楽しいですからね。
「難問が解ける」ことに喜びを感じていました。
それに加え、間違った問題に対しての追及も甘かったように思います。
解説を見て満足してしまったんですね。
自分で「何が理解してなくて、何を理解しているのか」を考察するのを疎かにしていました。
色々な問題集ばかり手を出して、反復練習をあまりしませんでした。
案外東大の2次試験は基本的な所を聞いてる事が多いです。
それに気づくのが難しい所なんですが。

ただ、勉強時間は誰にも負けない位してました。
朝6時から夜10時まで自習室に籠り、教室の行き帰り、食事時間、就寝前、全て勉強してました。

逆にそれが良くなかったのかもしれません。
方向性の間違った勉強は、時にマイナスに働きます。
時間を費やせば費やすほどマイナスの値は大きくなります。
反比例の関係ですね。
そして、費やした時間に変な自信をもっていました。


これって弁理士試験にも言えると思うんです。

先日の記事にも書きましたように(自分用の覚書。より)
全ては条文の上に成り立ってます。
基礎(条文の理解)が弱い所に、応用を乗せるのは非常に危険です。
例外ばかり覚えて、原則を疎かにしてはいけません。

闇雲に問題を解くのは、良い勉強法ではないと思います。
特に今の時期は、青本の精読が良いですね。
堅固な土台作りに励みたいと思います。

短答、論文、口述と続く長い試験ですが、焦らず着実にやっていきたいと思います。
また短答試験まで約10ヶ月あるのでモチベーションが下がらないように
(といっても5、6月はモチベーション下がってしまいましたが)
「楽しく」勉強していきたいと思ってます。

それではまた。

クリックお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。